心を楽にする生き方【スタージョンの法則】

本当に価値のあるものを見極めたい

自分の時間を、大切に生きたい

こんな想いがある方々へ、この記事を書きます。

世の中の90%は「ガラクタ」と思っている方が幸せ

考えてみて下さい。

テレビで放送される映画を、最後まで見る割合は?

最後までワクワク読み進められる本の割合は?

楽しかった飲み会の割合は?

個人差はあるものの、結構な割合で、最後まで見られなかった映画や本、楽しくない飲み会が存在するのではないでしょうか?

つまり、「つまらないもの(ガラクタ)の割合が90%である」

このような考え方に気づいたり、私生活に落とし込むことが、なぜ幸せにつながるかは、後述していきます。

【スタージョンの法則】の誕生、歴史

この法則が誕生した物語を紹介します。

アメリカのSF作家、シオドア・スタージョンの話。

シオドア・スタージョンが文学のパネルディスカッションに参加している時、他の参加者から「SF作品の90%はクズである」と批判を受けた。

そこでシオドア・スタージョンは、「それでは、あらゆる出版物の90%はクズである」と反論したのが、この法則の始まりです。

生活における例題

スタージョンの法則を実際の生活に落とし込んでみると、意外にも90%のガラクタに気づくことができるのではないでしょうか?

ざっくりと、私の思いつく例題を挙げてみます。

とある学校の授業の受講態度
 →100人いたら、10人くらいの受講態度がよい。残り90人は・・・
※実際の大学生に聞くと、ほぼこのような割合だと答えてくれる
会議の時間
 →お互い牽制して、意見を出さず、会議時間の最後の方に意見が出る。90%の時間が無駄
ブラック企業とホワイト企業の割合
 →勝手な予想ですが、大体こんな感じかな?と思います
有意義ではない飲み会の割合
 →本当に楽しめている?役立つ話ある?本心から参加したい飲み会?
セミナーに参加して、行動しない人の割合
 →実際の行動に移す人は大体10%くらい。
  ※ちなみに、行動し継続する人は、さらにその中から10%。
SNSの情報が自分にとって無駄な内容の割合
 →本当に必要な情報以外が、平気で自分に入ってきてしまう 
他にもまだまだありそうです。
自分自身の生活を振り返ってみて、90%くらいの無駄やガラクタ、いらないものは何かを考えてみて下さい。
 
実は、3万年前の狩猟時代は全くの逆でした。
「90%が必要な世界」
  ・食べられる植物か
  ・あの動物は襲ってくるのか
  ・毒がある食べ物か
  ・命を狙う的か
  ・助けてくれる仲間か
など、ほぼ全ての情報が「生きるため」に必要だった。
では今はどうでしょうか?

本当に必要な情報に触れていますか?

情報が溢れすぎています。
 
今の時代は、取捨選択する能力が必要です。
 
 

自分の外側のこと

ある出来事を、「自分のせい」と捉えてしまうことを多いのではないでしょうか?

なんでも自分のせいと考えるのはストレスになります。

問題があるのは実は「世界のほう

例) 
 この映画つまらないな→自分の教養不足ではない
 ビジネスのプランが悪いと感じる→自分のビジネスセンスが問題ではない
 一生懸命考えたデートプランで、相手がつまらなそう→自分のせいではない

なんでもかんでも周りのせいにすることは、良くないことかもしれません。

ですが、「自分のせい」と考えてしまっていることの多くは、実は自分の力ではどうすることも出来ない「自分の外側のせい」の可能性が多いのです。

自分ではどうにも出来ない、外側に対して、労力や気持ちを注ぎ過ぎてしまっては、自分の体力が消耗してしまいます。

自分の内面のこと

次は自分の内面のことです。

自分の考えていることの90%は何の役にも立たない
 →愚痴や文句をいっても、役に立たないし、何の改善にもつながらない
自分の感情の90%は根拠がない
 →リスクを過大に評価してしまう
自分の願望の90%は馬鹿げている
 →90%のことは出来もしないし、やりもしないことを考えている
 
筆者自身も、

「なぜこんなことをずっと考えてしまっているんだろうか?」

「役に立たないことを、思い続けてしまっているな」

などと思うことは、少なからずあります。
 
でも、10%の思考は素晴らしいものがあるのです。その10%に意識を向ける必要があります。

まとめ

ここまで読み進めてくると、「ほとんど無駄な世界じゃん!」と思ってしまうかもしれません。

ですが、ここで重要な考え方にたどり着きます。

自分の外側だろうが、内面だろうが、

【10%の大切なことに気づき、見逃さない。その10%に力を注ぐべき】

という結論に至るのです。

人生の長さは人それぞれ違いますが、必ず有限です。

注意の配分量を100持っているとすると、自分にとって90%のくだらない、自分の人生に影響のない事柄に対して、90%の注意量を持っていかれると、本当に大切な10%に力を注ぐ時間がなくなってしまいます。

自分にとっての10%の大切な事柄に対して、

・早く気づく、見つける、常に意識する
・取捨選択する勇気をもつ→あなたの人生です
・誰と時間を過ごすか
・どこで時間を過ごすか
・何をして過ごすか

などと、常に意識して下さい。


「大切な10%に、自分の100%の力を注ぐことが大切です」

「自分の人生を生きていない人」が多くいるのではないでしょうか?

まさに自分の人生を生きていない人の配分は、全体の90%なのかもしれません。

自分の人生を生きる10%の人」になるためには、自分の人生の価値にしっかり向き合い、時間を大切にして行動するしかありません。

最新情報をチェックしよう!
>百年図書館~人生百年時代を楽しく健康に~

百年図書館~人生百年時代を楽しく健康に~

【人生100年時代】 そんな時代を楽しく豊かに過ごすためには、自分自身の健康と新しい情報を手に入れることが大切です! YouTubeチャンネルではありますが、あくまで図書館です。気軽にご来館下さい☆

CTR IMG