稚内を1泊2日で楽しむ旅プラン|車なしでも大丈夫【経験談】

北海道観光で一番気になるのが、移動距離ではないでしょうか。

移動に時間がかかるから、たくさんの場所を楽しめない……

移動に時間がかかってしまい、観光地で楽しむ時間が確保できないということもあります。

 

しかし、今回の記事で紹介する稚内市の場合、その心配はいりません。

東西の地形が狭く、街全体がコンパクトにまとまっているからです。

 

稚内市には多くの観光地が存在しますが、1泊2日ほどあれば十分楽しむことができるはず。

稚内駅を起点に、稚内市を1泊2日で楽しめるプランをいくつかご紹介します。

 

 
ゆうた
稚内観光の参考にしてもらえると嬉しいです✨

 

スポンサーリンク

稚内を1泊2日旅行した実例(YouTube動画あり)

まず最初に、YouTube動画のご紹介から。

私が稚内市を1泊2日で観光したときの様子を、動画にまとめています。

 

今回の旅の参考になるかと思いますので、ぜひご覧ください✨

 

 

私自身は北海道に住んでいますので、稚内市までの移動自体は自家用車で行きました。

しかし稚内市到着後は、車を駐車場に停めて徒歩移動をしています。

 

スポンサーリンク

 

稚内駅を起点に楽しむ方法

ではここから、稚内駅を起点として楽しむ方法を紹介します。

JRで稚内市に来られる方も、稚内空港を利用して来られる方も、どちらの場合でも参考になる情報です。

野寒布(ノシャップ)岬

野寒布岬

 

野寒布岬の参考動画はコチラがおすすめ

 

稚内駅からのバスで移動することができます。

宗谷バス株式会社

稚内駅からは、片道220円で移動できます。(2022年3月現在)

天気がよければ、迫力ある利尻岳を目の前に見ることができます。

 

また野寒布岬には、わっかりうむ ノシャップ寒流水族館があります。

日本最北の水族館として知られています。

90トンの回遊水槽や、アザラシのショーが魅力的です。

 

ラーメン大王本店

ラーメン大王本店

 

稚内市で有名な食べ物をインターネット検索すると、ほとんどのページで見つかるのが『チャーメン』です。

同じ北海道民であったとしても、実はチャーメンは知らなかった……

稚内市に住む友人に聞いても、チャーメンが有名といっていたので、間違いない。

きっちり味わいました。

 

チャーメンとチャーハンで優勝です

 

Google Mapで調べてみると、稚内駅周辺にはチャーメンを食べられる店が結構あります。

お酢をかけて食べるところは、あんかけラーメンと一緒ですね……

 

 
ゆうた
と、とりあえず!!
美味しいことは間違いありません。

 

スポンサーリンク

 

稚内副港市場

稚内駅から南に向かって歩くと、15分ほどで到着します。

 

稚内副港市場のおすすめポイントは二つ

・稚内ノスタルジー
・副港市場

です。それぞれご紹介しますね!

 

稚内ノスタルジー

稚内ノスタルジー

私は特に下調べをせず、稚内副港市場へ入りました。

そこで突然現れたのは、稚内の昭和の町並みを再現したエリアです。

 

昭和感あふれる路地を歩き、チャルメラの音を聞くと、間違いなくテンションが上ります。

撮影にも向いているので、映え写真を撮るのにもおすすめですね。

 

副港市場

副港市場

 

市場の名にふさわしい商品のラインナップです。

海産物からさまざまなお土産までがたくさん。

おすすめできるポイントは価格がリーズナブルなところです。

よくお土産屋さんにありがちな、『土産物価格』があまり見られません。

 

海産物など、地元の人間でも普通に購入したくなるような値段です。

稚内に来られた際は、地元の方へのお土産はこちらから郵送するのもアリかもしれません。

 

稚内公園

稚内公園

かなり高台にあるので、車で登る人が多いと思いますが、徒歩でも登れます。

稚内公園の看板を右手にみて、少しすると右側に徒歩で入れる道が見えてきます。

結構歩きますので、運動不足の方には少々はごたえがあります。笑

 

あとは、シカがたくさん生息しているので、タイミングが良ければあえるかも?

稚内公園には、有名な「氷雪の門」をはじめ、さまざまなモニュメントが立ち並びます。

開基百年記念塔・北方記念館(リンク)からは、広大なサロベツ原野や利尻・礼文を望むことができます。

 

平成30年から、稚内公園からの夜景が「日本夜景遺産」にも選ばれています。

 

スポンサーリンク

 

北防波堤ドーム

北防波堤ドーム

北埠頭は旧樺太航路の発着場として使われていました。

道路や鉄道へ波の飛沫がかかるのを防ぐ目的で建設された防波堤とのこと。

 

パッと見ると、ローマの建築物のようなたたずまいです。

先ほどご紹介した稚内公園からも、この北防波堤ドームの存在感を大きく感じます。

それほど大きく、象徴的なものです。

 

THE STAY WAKKANAI / ザステイ稚内

THE STAY WAKKANAI / ザステイ稚内

 

稚内駅の目の前にある、とっても新しいゲストハウスです。

とにかくきれいの一言!

 

そして冒頭の動画でも説明していますが、このゲストハウスの特徴がすごい。

共同スペースがある建物と、寝るためのスペースがある建物が、完全に別れているということ。

共同スペースから寝るためのスペースに向かうとき、一瞬外に出て隣の建物に移動するのです。

だから静かに休むことができるので、その点とてもおすすめです!

 

こちらの記事でも、THE STAY WAKKANAIについて紹介しています。

あわせて読みたい
コスパ最強!ゲストハウスの魅力とは?|旅好きライターが徹底解説

 

スポンサーリンク

 

宗谷岬

宗谷岬

 

やはり稚内といえば宗谷岬ですよね!

せっかく日本最北端に来たのだから、行かないわけにはいきません。

しかし徒歩旅となると、悩むところは移動手段。

 

おすすめの方法は二通り。

・稚内駅からバスで往復
・稚内駅でレンタルサイクルをして、宗谷岬で乗り捨てる方法(帰り道がバス)

 

時間的・体力的に心配ない手段が、バスでの往復ですね。

稚内駅から宗谷岬へのバス情報

片道1420円(2022年3月の情報)です。

 

また体力に自信のある方は、レンタルサイクルで宗谷岬に向かうことができます。

こちらの動画がとてもわかりやすいので、レンタルサイクルに興味ある方は見てみましょう。

 

 

白い道

白い道

この美しい白い道。

なんと貝殻でできています!!

まさに写真撮影スポットとも言える、稚内のおすすめ観光スポットです。

 

しかし難点があるとすれば、一般的には車やバイクで行くべき場所ということ。

もちろん、宗谷岬から徒歩で向かうことができますがかなり時間がかかります……

先ほどお伝えしたように、自転車で宗谷岬に向かうパターンであれば、この白い道を経由して宗谷岬に行くことも可能です。

 

 
ゆうた
どちらにしろ、体力的な問題や旅行当日の天候に影響されそうですね✨

 

スポンサーリンク

 

日程に余裕がある場合は?

利尻島・礼文島

ハートランドフェリー

 

やはり稚内まで足を伸ばしたら、利尻島や礼文島まで攻めたいところです。

私の旅の場合、かなり時間が限られていたので、行くことができませんでした……

 

でも絶対次は行きたいと思っています!

ゲストハウスに泊まって、海産物に舌鼓をうつ。

素晴らしい時間を過ごせることは、間違いありませんね✨

 

猿払村

猿払村

日程の余裕があれば、隣の猿払村も大変おすすめです!

なんと行ってもホタテが超超有名。

道の駅で食べることができるホタテ丼は絶品そのものです。

 

また猿払村は、北海道の村の中で一番の面積をもっています。

大自然に囲まれながら過ごしたい方にとっては、最高の村です!

▽合わせて読みたい▽
【移住】ホタテのまち猿払村の魅力|ふるさと納税や移住体験情報まで

 

さらにこちらのnoteは、猿払村の職員の方の手によって書かれたnoteです!

猿払村の情報がもりだくさんのnote。

note(ノート)

こんにちは、地方公務員の新家です。北海道猿払村に勤務しています。今日は、明日猿払に行くのだけどオススメ観光スポットありま…

 

 
ゆうた
猿払村に訪れる方は、ぜひ見てみてくださいね✨

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今回は、稚内市を1泊2日で楽しむ旅プランについてご紹介しました!

稚内市はコンパクトな町なので、徒歩移動(バスや電車は使用)でも十分楽しむことができます。

 

稚内市にいると、日本の最北端にいることを何度も体感できます。

日本最北端の自動販売機。

日本最北端の公衆トイレ。

日本最北端の温泉などなど……

あらゆるものが日本最北端なんです。笑

 

そんな稚内市です。

ぜひ一度訪れて、日本の一番北にいることを体感してみてください。

とっても素敵な思い出になるはずです。

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>YouTubeチャンネル 『ヤドカリウォーク』

YouTubeチャンネル 『ヤドカリウォーク』

さまざまな町を歩くYouTubeチャンネルです。 食べ歩きや飲み歩きの散歩動画を配信しています。 ヒマなときに見てくれると嬉しいです!

CTR IMG